乾燥させないスキンケア

乾燥させない

 

 

職業:会社員
年齢:29歳
性別:女性


 

 

ニキビに悩んだ青春時代

 

高校生の頃から顔全体にニキビがあり、そのせいで見た目にまったく自信がなく常に悩んでいました。髪の毛で顔を隠し、下を向いて歩くような生活を送っていました。
大学生になってからは顎周辺にニキビができるようになり、ニキビ跡も気になるように。
メイクである程度隠すことができましたが、やはり隠しきることができず悩み続けました。
そこで、一度化粧品売り場のカウンターで自分の肌質を見てもらいました。
今まではニキビができるのは油分が多いからだと思っていたのですが、私の場合は乾燥が原因だということが発覚。
乾燥肌用の化粧水を使うことでニキビは減り、今ではほとんどニキビができなくなりました。それからは色々な化粧水を試して自分の肌に一番合うものを見つけました。肌は変えることができるので、自分に合ったスキンケアは絶対に必要です。

 

 

浴室でスキンケア

 

乾燥を防ぐためにしっとりタイプの化粧水を使うことはもちろん、私は浴室に化粧水を持ち込んでいます。
洗顔が終わったら乾燥しないうちにすぐケアするためです。
今でもニキビ跡が少し残っているので、洗顔が終わったらまずビタミンCが入ったオイルをつけます。
それから化粧水をつけるのですが、一度だけでなく二度三度とたっぷり重ねてつけます。そして浴室からでたら乳液をつけます。
また、睡眠にも気を遣うようになり、なるべく夜の10時から2時の間、いわゆるシンデレラタイムと呼ばれる時間のうちに寝るようにしています。毎日は難しいですが、睡眠時間は7時間とるようにしています。

 

この方法で乾燥を防ぎ、少しずつニキビ跡も改善されていると思います。

 

 

スッピンで出かけたい
以前は髪の毛で顔を隠して歩いていましたが、美肌になったら堂々と顔を見せて歩きたいです。ファンデーションもいらないくらいになって、スッピンでも出掛けられるようになりたいと思います。