太陽に負けないホワイトヴェールでシャットアウト

紫外線による目の下のシワの改善や対策

 

日常生活をしていると、太陽の光はかけがえのないものです。
ですが、この光(紫外線)を肌に浴びると悪影響を及ぼし、シミやシワの原因の約80%がこの紫外線が原因だといわれています。
また、この紫外線の影響で老化する事を光老化をいいます。

 

では目元の小じわの紫外線対策はどのようにしたら良いのでしょうか?
その方法を紹介します。

 

まず、太陽の光には3種類存在します。
聞いたことのある光の名前だと思いますがその3種類は「紫外線」「赤外線」「可視光線」とあり、一番、肌へ悪影響を及ぼすのがこの紫外線になります。

 

また紫外線のなかでも2つの波長があり、それが「UVA」と「UVB」になります。

 

目元の小じわの原因でも紹介をしましたが、肌にも3種類あり、表皮と真皮と皮下組織があります。

 

 

この紫外線の一つ「UVB」は表皮に「UVA」は真皮にまで届きます。

 

UVB

表皮に届くUVBは肌の日焼けやシミ、肌の炎症を起こすことになり、表皮に含まれているメラニンの影響を及ぼし、また肌に傷をつけ乾燥を招き小じわを作る原因にもなります。

 

 

UVA

UVAは真皮まで届く紫外線になりエラス沈やコラーゲンに影響を与え、すぐには表に現れないですがどんどん蓄積されることで、保湿作用が減少しシワへと導いてしまいます。

 

この事から紫外線対策は、紫外線を浴びない事が目元の小じわ対策では一番なのですが、太陽の光と共に生活をしているのでそういうわけにもいきません。

 

紫外線の予防をする事が対策になります。

 

 

日焼け止めクリームを活用

 

UVBの抵抗力はSPFという表現を用いSPF10・SPF20・・・と数字が大きくなればなるほど抵抗力が有るという意味になります。
UVAの抵抗力はPAで表現されPA+・PA++・・・と+が多くなればなるほど抵抗力が強くなります。
ただ、日焼け止めクリームはこういった効力がつよくなればなるほど、肌への負担にもなりますので、適切に使用する事が大事です。
また、強いから良いという訳でもなく、コマメに塗る事が重要です。

 

日よけ用品を使用

紫外線防止の日傘・帽子・サングラスをかけ紫外線を予防する。

 

太陽の光は生活するうえでは大事ですが、その紫外線は肌へダメージを与えます。
適切な対策を施し、紫外線予防をこころがけましょう。