目元、目の下の乾燥小じわ、の原因と改善法とは

目元、目の下の乾燥小じわ、の原因と改善法とは

 

年齢を重ねるごとに、女性にとって厄介な現象の代表と言えばなる目の下小じわ。
この悩みを持っている女性は多く、シワは年齢的な問題で治らないと諦めている人もすくなくありません。
そんな、悩みの種、目元の小じわ予防できるのでしょうか?また治す事が出来るのでしょうか?
その仕組み原因について、解説をします。

 

 

しわが出来る仕組み

 

目元の皮膚は、同じ顔の部分、おでこや頬の皮膚に比べると非常に薄いものです。
この薄い皮膚は、基本的にシワができやすい部分になります。

 

そして、その目の下のシワの構造についてですが、皮膚には大きく分けて3つの構造から出来ていて、それが表皮と真皮と皮下組織になります。

 

浅いシワ

一般的に小じわと呼ばれるものは、表皮に出来るシワの事をいい浅いシワでお化粧のノリにも影響します。
表皮の厚さは約0.2mmほとで非常に薄いですが、外部からのフィルターの役目をしていて守ってくれています。
潤いが少なくなると細胞が壊れていきシワが出来る原因にもなります。

 

その表皮の角質細胞の保湿力の源は次の3つになります。

  • 角質細胞間脂質
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 皮脂膜

 

この3つのうち角質細胞間脂質はセラミドが多く含まれていて、細胞の隙間まで満ちている事で肌の状態を保っています。また多くの水分、保湿機能が高く一番重要な角質細胞です。

 

 

深いシワ

真皮まで及ぶと深いシワになり(皮溝ひこう)、改善するのも困難になってきます。
真皮は約2mmの厚さ、そこにまで及ぶシワは、「エラスチン」や「コラーゲン」のバランスの崩れによるものが多いです。
ここの真皮は、表皮の下にあるため、外部から「エラスチン」や「コラーゲン」を補ってもなかなか浸透しないのも厄介な点です。

 

 

シワが出来る原因

 

浅いしわにしろ深いシワにしろ、個人差や環境の違いにより様々ありますが、代表的なシワの出来る原因は次の通りです。

 

  • コンタクトレンズ
  •  

  • パソコン・スマフォ

    ※長時間の使用による目の疲れもシワを作る原因に。

  • アイメイク

    ※しっかりと洗浄しきれずに皮膚への影響やクレンジングが強すぎ潤いまで取り除いてしまうこことも。

  •  

  • 睡眠不足

    ※不摂生な生活が続くと目の疲れにもなりシワを作る原因に。

  •  

  • 乾燥(紫外線・加齢など)

 

以上、シワの出来る原因と仕組みですが、参考にして頂けらばと思います。