目の下の乾燥シワ改善方法は保湿対策が大事

目の下の乾燥シワ改善方法は保湿対策が大事

 

目の下の乾燥小じわはの主な原因は目の下の皮膚の潤いが損なわれて出来るシワがほとんどです。
環境により気温や湿度の変化の影響で、細胞の新陳代謝の悪化により肌の保湿力が低下する事も考えられます。

 

乾燥した角質は、次第に硬くなりハリが無くなっていき、そのハリが無くなった皮膚は、外部からの刺激に弱くなり、また表面の皮膚の割れ目から水分が外へと逃げだしやすい状態になり悪循環を引き起こしかねません。

 

そのまま放っておくと肌の内部にまでダメージが入り、大きな深いシワや、またシワどころではなくなってしう事も考えられます。

 

そして、こういった環境はさらにたちが悪く目元の表情のクセが治りにくくなり、シワがつきやすい状態になります。

 

 

乾燥する時期は

 

特に冬の乾燥した時期もそうですが、実はそれ以外の季節夏で言えばクーラーなどの元では水分が奪われる事もあります。

 

OLさんは特に長時間エアコンの聞いたオフィスにいる事が多いので、メイクの上からでも、保湿ミスト等で保湿する事をおすすめします。

 

 

乾燥対策

 

こういった肌の乾燥対策は、気温や湿度といった環境を変える事は難しいので、そういった環境に対応する事が大事にまります。
大事なことは、目元が肌が乾燥したらこまめに水分補給をしてあげ、固くなった皮膚を柔らかくしてあげます。

 

具体的には保湿成分の入った化粧品等を肌へたっぷりと補給してあげたのち油成分の入った乳液やクリームなどぬってフタしてあげます。
お手入れの前にホットタオルで毛穴を開いて、また寝る前の時間帯におこなうとより期待ができす。

 

 

お風呂での活用する場合は、ネットでも話題となったニベア青缶パックやワセリンパックも効果的ですが、普段の化粧品で行う事もできます。

 

お化粧をしっかりとクレンジングしたすっぴんの肌に、手持ちの美容オイル化粧品を塗り適度なマッサージをします。
そして顔に暖かくしたタオルを乗せゆっくりとお風呂につかると、蒸気と化粧品の相乗効果で保湿効果アップされる方法です。

 

 

こいうったこともこまめにやる事で、ある程度の小じわへの対応にも期待できますし、日ごろのお手入れで予防の心がけて身に着けておくことをおすすめします。

 


【人気記事】

ヒアルロン酸のマイクロ針

注目のヒアロディープパッチとは
目周りの小じわ深部に届く、世界初の技術のヒアルロン酸のマイクロ針!内容の詳細やお得に購入する方法などを紹介しています。