目の下のクマの取り方とは目元のくまを治す方法コンシーラーで隠す!

目の下のクマの取り方とは目元のくまを治す方法コンシーラーで隠す

 

小じわ口コミ

性別:女性
年齢38歳
職業:サービス業
私の工夫は・・・

 

 

昔から顔の一部

 

大人っぽいと言われれば聞こえは良いけれど、いつも年齢よりかなり上に見られる学生時代を送りました。
昔の写真を見返すと、必ずあるのは、目元のくま。
某忍者漫画では、くまのあるイケメン忍者が2名ほど重要な役割で人気を博していましたが。
忍者でも、男子でもない、ごく普通の女の子の私には目の下のくまなど無用の長物に過ぎませんでした。
囲み目メイクも流行っていましたが、囲み目の下にくまがある私がすると、お化けのようになるので自重しました。
大学生の時、同じくくまに悩む友人が、病院で医師に相談しました。
返ってきた答えは、顔の骨格上仕方がないので、あきらめなさい。と言うものでした。
確かに母も妹も、くま人間。遺伝上の問題かもしれないので諦めかけていました
。因みに3人の中で1番くまの濃かった私のあだ名は、ポン太=タヌキ顔でした。
色白でもあったため、具合悪いの?と、保健室に別の用事で行くだけで先生に心配して頂きました。

 

 

メイクに目覚めた妹の顔からくまが消えて!

 

メイクに目覚めた妹の顔からくまが消えて!

そんなある日。同じくくまに悩むJKとなった妹の顔を見たらくまがありません。
あら?我が家の特徴であるくまはどこに?
と尋ねた所、
そんなものからは卒業したよ!
との答え。
そして、妹のメイクポーチには、コンシーラーと言う新たな武器が!!
JKとしてメイクに目覚めた妹は、ベースメイクとして先ず、明るい色のコンシーラーを目の下にポンポンはたき込み、伸ばして行くとあら不思議。どんどんくまが消えて行くではありませんか。
早速私もまねる事に。
試行錯誤の結果、カバー力に優れているだけでなく、お肌に優しい原料。
伸びが良く、ヨレない。コスパが良い。そんなコンシーラーに出会う事が出来ました。
それからはくまにさよならです。
20代になって初めて、年相応に見られるようになり、30代に入ってからは嬉しい事に必ず年より若く見て頂けています。
自分を諦めるのをやめて、少しでも顔色が良く見える色の服を選ぶようになりました。

 

 

スッピンでお出掛けします

 

よく、友達と冗談で、メイク道具が1種類しか使えなくなったらどうする?何を選ぶ?と話す事があります。
妥当な解答の、眉ペンを選択する子。
欲がなく、リップクリームを選ぶ子。
こだわりのマスカラを選択する子。
答えは色々ですが、私は絶対に、コンシーラーです。
驚く人も多いのですが、それだけくまに悩んできた訳です。
目元のくまが無くなったら、スッピンで都会に買い物に行きます。
メイクの手間が省ける分、お仕事の日の出かける前をゆったり過ごすのも素敵ですね。

 

 

おすすめリンク

LANAREYコンシーラーで目元のクマを隠すのgoodアイデア。LANAREYのコンシーラーはおすすめです。

 


【人気記事】

ヒアルロン酸のマイクロ針

注目のヒアロディープパッチとは
目周りの小じわ深部に届く、世界初の技術のヒアルロン酸のマイクロ針!内容の詳細やお得に購入する方法などを紹介しています。

トップページ 小じわの原因 気温・湿度 睡眠 紫外線 クレンジング・洗顔 化粧品