目元の小じわや目の下の乾燥しわの改善対策は、とにかく乾燥防止 目元の小じわ!目の下の乾燥しわ!皆の改善対策紹介

目元の小じわや目の下の乾燥しわの改善対策は、とにかく乾燥防止

小じわ口コミ

性別 女性
年齢 29歳
職業 主婦
私の工夫は・・・

 

鏡を見ると

 

ある日鏡を見ると、ふとした表情で目元にスジが入る事に気付きました。
よく見るとファンデーションがそのスジに入り込み変な線が出来ているのが分かりました。

 

 

保湿に優れたクレンジングオイルとクリームが必須

 

保湿に優れたクレンジングオイルとクリームが必須

クレンジングは化粧品を落とす物なので、必然的に手で擦る必要があります。
その為肌への摩擦や負担が発生してしまう為、極力力を入れてはいけませんがクレンジング力が不足していると力を入れない事で肌の汚れが落ちない事もあります。
そこで私は洗浄力が高く、その上力を入れずに落とすことが出来るクレンジングオイルを使っています。
さらにクレンジングをする事で乾燥してしまう事を防ぐ為に流した後もつっぱらない物を選んで購入する様にしています。
小じわには乾燥が大敵なので、洗顔の後はすぐに化粧水とクリームで保湿。
洗顔後5分以内に保湿をしないと、洗顔前よりも肌が乾燥してしまうので、なるべく急いで行っています。
目元は特に肌の中でも皮膚が薄く刺激に弱い為、擦りすぎずゆっくりとマッサージをする様にクリームを伸ばしています。
又、目尻の小じわは引き伸ばすようにしながらクリームを塗り、シワがクセになってしまわないよう気をつけながら行っています。
そして季節によってもクリームの質を変えています。
夏場はそこまで乾燥する事が少ないので質感はサッパリした物を選びますが、冬場はとても乾燥します。
そこでサッパリした物を使ってしまい肌が油分不足を感じると、それを補うように脂を出してしまいます。
そうすることで肌のバランスを保とうとしますが、油分を気にして洗顔し、保湿不足でまた油分を出すと言う様な状態を繰り返すと肌のバランスが崩れ肌荒れを起こしてしまいます。
その為特に冬場は質感がシットリする物を選び、肌が乾燥を感じないように気をつけています。
肌の状態を良好にし、乾燥からのシワを防ぐためには保湿力がとても重要です。

 

 

笑顔を沢山残す

 

10代や20代前半でシワを気にする事は全くありませんでした。多少大雑把なケアでも大丈夫だと思っていたからです。
しかし加齢や雑なケアに伴い、肌は正直に表現し始めてしまいました。
今まで気にせず撮ってきた写真もアップで撮る事を避け、人と少し距離を取るようになってきてしまっていた自分がいたので、過去の自分の行動を反省しつつ少しでも長く若々しくいる為にケアの仕方を改めてシワが増える事を遅らせられるようにしていきたいです。
小じわが無くなれば、また何も気にせず沢山の写真を撮ったり人との会話も楽しむ事が出来ると思います。
シワによる老け顔で暗い生活を送りたくないので、無くなったら笑顔を増やして明るくなりたいです。

 

 


【人気記事】

ヒアルロン酸のマイクロ針

注目のヒアロディープパッチとは
目周りの小じわ深部に届く、世界初の技術のヒアルロン酸のマイクロ針!内容の詳細やお得に購入する方法などを紹介しています。

トップページ 小じわの原因 気温・湿度 睡眠 紫外線 クレンジング・洗顔 化粧品